2013年11月14日 (木)

平成25年度高年齢者雇用開発コンテスト

この度 株式会社さんひでは

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構理事長表彰 優秀賞をいただきました。

千葉県内企業の高齢者雇用事例から

チームワークを不可欠とする業務の仕組みと日常の躾

が認められました。

2013年9月 4日 (水)

心のこもった調理

この度始めてお客様1ヵ所とれました。

そのお客様とは、中央区に所在するある有料老人ホームに納品する事が決まりました。

その園長さんの話に私は感動しました。

高齢者の方の大きな楽しみの一つがおいしいものを食べる事なのです。

だから当園は原材料比率は高くても新鮮でおいしいものを食べていただきたいと思っています。当然、肉、魚、やさいを心を込めて調理をしていますとの事です。

その様な理念を持っている老人ホームに取引が決まりました。

9/14よりです。

これから先も心のこもった調理をしている企業と取引をしていくつもりです。

㈱さんひで 雨宮

2013年8月 6日 (火)

業務用おさめ

飲食業
学校
社員寮
社員食堂
スーパーの惣菜材料
老人ホーム
飲食店関係
介護施設

業務用おさめを始めました

新鮮な物を自信を持ってお届け致します。


鮮度重視、地物野菜、生産者限定商品


食べ方、作り方の判らない試し作りした新野菜を考えて、その店舗のオリジナルを
考案して下さい。


それ以外も食の便利屋として、みそ、醤油、油、塩干物、テーブルフラワー、ナプキンもOK

我々に宿題を下さい。

必ずお役に立てる様ガンバリます。

まだ、1件もお客様いません。

よろしくお願いします。

2013年2月 7日 (木)

私の願い!!

今後、さんひでが本腰を入れて取り組む事が大きく分けて2つあります。

その1 1時間当たりの人事生産を現状の10%アップを目指す

方法論としては、マイナス要因を出さずに労働時間を短縮する為には、1日の仕事のローテーション作りをする必要があり、終了時間を決める事から、始まるのではないかと思います。

現状的に考えるなら、さんひでは早出し分をAM5時に配送車を出すと決めています。

品質管理部門と営業部門がAM4時~AM5時の間、1時間を全員で配送車を出発させる事に全力をあげる。

又、現場が終って、休憩をとって事務所に入ったら、出来るだけ決められた休憩時間以外は、事務所以外に出ないで、集中して仕事をこなすのが、良いのでは!!

その2 1時間当たりのコストを現状の15%ダウンする

方法論としては、物流費は今まで配送車が、仮りに1時間走行時、今まで10万円だったものを、20万円運んだとすれば、物流費比率は明らかにダウンします。その様に考える事によって、色々コストをダウンする事が出来るはずです。

1時間当たりの生産性のアップ、1時間当たりのコストダウンを具現化することが出来れば、必ず全ての従業員の時給をアップする事が出来るはずです。

全ての従業員の家族も含め、幸せをつかむ事、会社の継続が私の願いです

2013年1月29日 (火)

お薦めな味付け

1月28日(月)PM6:40頃

今日、何だかお好み焼きが食べたくなって、近所の店に行き家族で食べました(美味しいが、小さくて、狭くて、汚い店)

私のお好み焼きの食べ方は、醤油・コショウ・味の素を付けて食べるのです

ソースとマヨネーズより、サッパリして美味しいと思いますので是非試してみて下さい

子供の頃から、醤油とコショウが好きで、トンカツ、ハム、ソーセージ、全て醤油とコショウで食べるのです

ちなみに、味の素は、お好み焼きを食べる時にしか使いません

私の生まれは、東京・十条、育ちは秋葉原、遊び場は神田明神、末広町の公園、上野池之端の池で、ハスの実の青いうちと、小さいエビはよく食べた事を思い出しました。

ハスの実は、青いうちは食べられるのです。古くなって黒っぽくなると、アチチ玉に成り地面でこすると、物凄く熱くなり、よく遊んだものです

2013年1月28日 (月)

美味しかった御食事♪♪

1月26日(土)PM6:50分頃ステーキハンバーグけんで食事をしました。

その時、店内はお客様で混んでいました。自分達の番は2番目でしたが、40分ほど待たされました。(席の回転率が悪いのでは?)

その時に思った事は、サイドメニューが食べ放題なので、たった2番目なのに、随分待つ事になるもんだと感じ、店内のお客様は随分若くてお子様連れが多いものだと感じました。

自分がお客様の中で一番ジジイでしたそしてやっと自分達の番が来て食事をしましたが、私(ジジイ)が一番食べて驚かれました。

バイキングでしたが、リーフレタスは単価が高いので、私もそうでしたが多く食べていました。

カレーは少々私には間が抜けた味に感じましたが、ハンバーグステーキは、美味しかったです。その他は、良かったのではないかと思いました。

なので今度又行こうかと思います。又3人で食べた食事は特に美味しかったと感じました

2013年1月26日 (土)

疑問 珍問 難問

お客様に対して毎日センター納品以外、約130店舗の配送をやらせていただいています。

今、考えたら、こんな疑問、珍問、難問が出ました。


(1)お客様に、好きな時に、好きな商品を、お届けしますと言って、商談をし実行すると、限りなく売上対比の物流費が大きくアップして、結果、お客様にめいわくをかけてしまう。


(2)店着時間を共に考える事によって、物流比率は大きくダウンする事が出来る。


(3)近くの競合店舗に、仮に配送をしたとしたら、競合店舗によって自社店舗のコストを引き下げる効果があり、なんでもかんでも競合店が悪い訳ではない様な気がして来た。

 理由は自社店舗、その競合店舗が地域の100%の販売シェアーを持っている訳ではないのだから、何か、シェアリング的ではないだろうか?

2013年1月21日 (月)

我々の業界

この先、我々の業界は、経営的にも営業的にも、益々大変に成ると理解をしています。

さんひでは、お客様が一社でも支持をしてくれる以上は、会社を閉めません

その為には、全従業員に周知徹底する事の内の一つとして、原因と結果を分けて考える癖を付ける事

さんひでは当日の朝に商品ごとにリアルタイムに 得意先別、単品、単位ごとに変動量を加味した商品の売上、粗利がでます。

(例題)バナナが10,000円マイナスになりました

             ↓   

答えとして

(1)特売を受けたから損をしました

(2)売れ残った為に安く売った

(3)商品が21入りの注文のところ21入りが無い為16入りを出して単価合わせをしたから

(4)その他もある 

これは会社として既に数字になって出ているものです。これは誰が見たって判るのですと言っています。

どうしてその様な事に成ったかが原因なのです。原因を追究し改善されなければ、同じ事の繰り返しになり仕事はなくなります。

無駄な損失を絶対に無くす事!!

無駄な損失を無くす事によって、お客様の中でも近くに競合店が出て価格的、商品的にも応援しようと思っても出来ません。これは結果的に、お客様の為にも無駄な損失はしてはならない、と話しています。

全然違う話なのですが、よくお客様が自分の青果売り場に活気が無い、   又売り切れ売れ残りが多く発生してしまい、困っていると言う話を聞いた時、私はこんな話をしました。

たまたま、さんひでの納品明細書は、仕入額の多い順に並んでいます、と話しました。一般的には仕入額が多いものは、ポスレジ上食事前に確認した時、ポスレジの下位にあるならば売れ残り、仕入額の少ない物が上位にあるならば売り切れと言う現象が売り場に出るはず。これを防ぐ一つの方法として食事前にポスレジを下位から確認して売り場、量目、単価を変化さす事によって、売り場の活性化等も出来ます、とよくお話をします。

これは、体を動かす(働く事)なのです。

                                                        

2013年1月18日 (金)

真心を持って接する事

今日何を書こうかな~と思った時、前日、質の良い仕事は、自分の仕事の後にやる人の事

を考えないと、質の良い仕事は出来ないのではないかと書きました。

少し自分なりに考えて見ましたところ、自分の仕事の後の事を考えるとは、もし自分がその

仕事をやるとするならば、具体的に何の為にその仕事をする必要性があるのかの理解が必

要であり、又理解が出来ていないと間違いが起きても気が付かない。

それと同じ事であるがある数字が出ていたとします。その数字が出るまでの計算式が判らな

ければ、その数字のもつ意味が判らない為、間違いに気付かないで他に迷惑を掛ける結果

に成ります。

その答えは、世の中知らない事はあたり前、知ろうとする気持と仕事仲間に対して真心を持

って接する事が、本当に大切なのではないかと感じ、私自身も仲間に対して真心を持って接

する事が出来れば幸いです。

2013年1月17日 (木)

はじめまして

私、株式会社さんひで の社長をやらせて頂いている雨宮厚美です

『さんひで』のホームページを見て楽しい。見て何か変だな~何か為に成りそうだな~と思われるホームページ作りをしたいと、ある日突然思ったまでは良かったのですが、判らない事が判らないのが判りました

しかし毎日コツコツと亀の様ではありますが、少しずつ作って行くつもりです。

今感じた事、自分は突然ホームページ作りをすると言った瞬間、私の仕事の後にやる人に大変な労力を掛けてしまっています。

自分の仕事の後にやる人の事を考えないのは 質の良い仕事 は出来ないと感じました。